クーラントをピンポイントで供給し、旋削加工時の干渉を防ぐツールホルダ

2019-05-08
クーラントスルー工具の部品とコネクタが原因で溝加工、突っ切り加工、その他の旋削加工時に干渉が発生するのはもはや過去のことです。セコ・ツールズ JETI(JetStream Integrated)工具の新製品が干渉の問題を解決します。MDT(多方向旋削加工)、X4(溝加工と突っ切り加工)、150.10(突っ切り加工)ツールホルダシリーズの拡張により、干渉のない内部クーラント機能が実現します。また、用途に応じて下部の供給口のオン/オフを切り替えることができます。

HQ_IMG_JETI_Conversion_Family_20187000.jpg

JetStream Tooling® は、優れた加工安定性、信頼性、仕上げ面品質を提供するとともに、クーラント供給の生産性を損ない、コストの増加を招くおそれのある外付けホース、継手、スペアパーツが不要なため、用途の柔軟性と生産の利便性が向上します。

角シャンク MDT、X4 および 150.10 ホルダには、20mm x 20mm(0.787 x 0.787 インチ)および 25mm x 25mm(0.984 x 0.984 インチ)のサイズをご用意しています。MDT ホルダは、2、3、4、5、6、8 mm(0.0787 インチ、0.118 インチ、0.157 インチ、0.197 インチ、0.236 インチ、0.315 インチ)のチップに対応します。105.10 ホルダは 15 サイズのブレードに対応します。



機械加工、切り屑処理、加工信頼性を最適化するため、JetStream Tooling® は、ツールホルダの内部供給口から切削領域に直接高圧クーラントを供給します。他のツールホルダとは異なり、JetStream Tooling® Duo には、上部と下部にクーラント供給口があり、必要に応じて下部の供給口のオン/オフを切り替えることができます。これらのホルダには側面と背面にクーラント接続部があり、従来のクーラント供給口を備えた機械でも機能します。

JETI 工具の詳細については、お近くのセコ・ツールズ営業担当者までお問い合わせいただくか、当社の JETI 工具製品ページをご覧ください。