M2Webの新バージョンが登場―Ewonを接続した機械のKPIを簡単にモニタリング

2019-04-29
HMSネットワークスから、M2Webサービスの新バージョンをご紹介します。この新バージョンを使えば、Ewon® Flexy製品のユーザー様は直ちに、遠隔に設置した機械のKPI(重要業績評価指標)をモニタリング可能になります。機械メーカー様とそのエンドユーザー様が一般のPCやタブレット、スマートフォンから直観的な新グラフィカルインターフェースを使って、モバイル端末でも見やすい表示と接続した全機械のマップ表示をもとに設備の状態を完全に把握できるのです。

 機械メーカー様やエンドユーザー様にとって、機械の状態を素早くチェックできる機能はますます重要になっています。しかしながら、完全なIIoTソリューションを構築するのは、多くの場合、複雑で時間がかかり過ぎ、高いコストも必要になります。こうした問題にHMSの革新的サービスM2Webがお応えします。M2Webは、セキュアなTalk2M®クラウドプラットフォームに登録されたEwon Flexyの全製品に無償で付属しています。

M2Webを使えば、ブラウザからEwon Flexy製品を介してリモートマシンのKPIにモバイルアクセスいただけ、遠隔にあるHMIやWebサーバー、PC、制御パネルなどに接続可能です。M2Webは一般のブラウザを開くだけで、ソフトウェアのインストールは不要です。このM2Webでは、最新グラフィカルインターフェースに情報が表示され、マップ表示も実装されていますので、世界中に設置した機械を確認することも可能です。

新しいKPI機能によって、接続した全機械の状態とパフォーマンス情報を容易かつ即座に取得可能です。各Ewon Flexyのタグデータベース内でパラメーターを選択して、最大6つのKPIを簡単に定義できます。さらに、それぞれのKPIについて、青は正常、黄は警告、赤はアラームというように、その状態が視覚的に表示されます。

M2Webは、機械メーカー様があらゆる機械のKPIを1カ所でモニタリングできる簡単な方法であるとともに、エンドユーザー様にも非常に使いやすいツールです。機械メーカー様には、エンドユーザー様がM2Webを自由に使えるようにしていただけます。従って、ユーザー様はそのM2Webを簡単なモニタリングツールとして活用し、接続の全機械を包括的に確認できます。

HMSネットワークスのM2Webは、実績あるセキュアなTalk2Mクラウドプラットフォームをベースとして、機械メーカー様やエンドユーザー様、システムインテグレーター様に、PCやタブレット、スマートフォンなどあらゆるデバイスから設備に即座にアクセスする方法を提供します。M2Webを通じて重要な情報が利用可能になり、様々な生産ダウンタイムが防いで運用効率を高めることができます。

詳細については当社ウェブページwww.ewon.bizをご覧ください。 www.ewon.biz/supportにはサポート情報もご用意しています。