www.engineering-japan.com
FLIR Systems Trading Belgium BVBA

中波長/長波長サーモグラフィカメラのご紹介

様々な対象物と温度範囲で熱イベントを正確に測定することは、産業、軍事、製造業の研究開発用途に重要です。今回FLIRがご紹介する2種類のFLIR A6780モデル、A6780-MWIR(中波長赤外線)およびA6780-LWIR(長波長赤外線)カメラでは、こうしたタスクを容易に行えます。

中波長/長波長サーモグラフィカメラのご紹介

この新しい冷却型サーモグラフィカメラの特長は手動/電動フォーカスレンズのオプションで、サイズや距離に応じて柔軟に対応できることです。解像度327,680ピクセル(640×512)のMWIR/LWIR検出器を搭載した新しいA6780モデルは、200mmの望遠レンズから3X顕微鏡レンズまでレンズオプションを取り揃えているため、非常に小さな対象物上で5ミクロン/ピクセルの空間分解能を実現できます。

また、短い露光時間、先進的な同期オプション、ウィンドウモードでの高速フレームレートもこのカメラの特長であり、研究者は有意義な温度データを常にキャプチャ可能になります。内蔵の3ポジションウォームフィルターホイール機構によって、ボタンを押すだけで標準~高温範囲をすばやく切り替えられるため、手動でフィルターを交換する手間が省けます。


中波長/長波長サーモグラフィカメラのご紹介

さらには、標準Gigabit Ethernetによる単独接続により、PC、Mac、Linuxで実行中のFLIR Research Studioソフトウェア上で全面的なカメラ機能の制御と温度データのストリーミングを行えます。FLIR Research Studioのワークフローは把握が容易で、対応している22言語のいずれかでA6780から正確な温度データの表示、記録、解析を迅速かつ効率的に行えます。

FLIR A6780カメラは、全世界でフリアーシステムズおよび認定販売代理店によって販売されています。詳細については、www.flir.com/A6780-LWIRをご覧ください。
 

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする