EPLAN

EPLAN Partner Networkがスタート

2020年年末にかけてEPLANは新たなパートナー企業ネットワークを構築し、世界的な提携パートナーの専門性を総合して、お客様のメリット向上を図りました。このEPLAN Partner Network(EPN)では、バリューチェーンに沿った統合を力強く促進するという共通の一致した目標を定めています。とりわけPLMやERP、PLC、さらにはシミュレーションの分野において、こうした連携や統合が広がることで、ユーザーの利便性が高まります。各メーカー間の緊密な相互連携を通じて、市場で利用されている多数のシステムの統合をお客様がもっと簡単に行えるようにします。

VIA Tech News

VIA、最先端自動運転及び車両安全性を革新する新車載システム VIA Mobile360 L900を発売

新北市 – VIA Technologies, Inc.は、台湾時間の12月7日、スタートアップや開発者が最先端の自動運転および車両安全イノベーションの市場投入までの期間の短縮を可能にする小型車載システム「VIA Mobile360 L900」を発表しました。

HARTING News

モジュラー型蓄電システム向けに、高い安全性を備えた大電流対応フロントマウント コネクタHan® S を販売開始

蓄電池は、電気使用量ピークの平準化、非常用電源、電気自動車などのために使われ ます。産業用の蓄電システムは比較的新しい分野ですが、環境に大きな負荷をかけず、 経済的で安定した電力供給源として、今後、市場の伸びが見込まれます。この蓄電シス テム市場向けにハーティングは、柔軟性と安全性を備えた大電流用フロントマウントコ ネクタHan® S を開発しました。

Mitsubshi Materials News

溝入れ突切り旋削工具“GYシリーズ”“GWシリーズ”に「小物高精度加工用ホルダ」を発売 

 三菱マテリアル株式会社 加工事業カンパニー(カンパニープレジデント:田中徹也 住所:東京都千代田区丸の内)は、溝入れ突切り旋削工具「小物高精度加工用ホルダ」を12月22日より販売開始することと致しました。

Weidmüller

水上太陽光発電システムの長期にわたる経済的かつ効率的な運用に向けて

現在、太陽光発電所を開発・建設するうえで前提となるのは、ダウンタイムなく、効率的で経済的に運用できることです。しかし、産業用太陽光発電所の数が増加するにともない、利用可能な土地は減少しています。つまり、太陽光発電システムを設置できる新たな空間を見出さなければなりません。その一つの可能性が水上太陽光発電システムです。しかしながら、この新しいアプリケーションでは高い湿度や腐食を招きやすい環境、強い直達光など、運営事業者やメーカーはまったく新たな課題と向き合うことになります。

Renishaw News

レニショーが次世代クローズドタイプリニアアブソリュートエンコーダ FORTiS シリーズをリリース

世界的な計測技術の専門メーカーであるレニショーが、工作機械など、過酷環境での使用を想定した FORTiS クローズドタイプリニアアブソリュートエンコーダシリーズの販売を開始しました。

Molex News

薄型で金属表面に直接取り付け可能な「デュアルバンドOn-Metal Wi-Fiアンテナ」を発表

2021年1月8日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、薄型で金属表面に直接取り付け可能な「デュアルバンドOn-Metal Wi-Fiアンテナ」を発表しました。

フォローする