Mitsubshi Materials News

高速応答・高精度・薄型のフレキシブルサーミスタセンサを開発

三菱マテリアル株式会社(執行役社長:小野 直樹、資本金:1,194億円)高機能製品カンパニーは、従来製品よりも高速応答・高精度・薄型で、さらに曲げても動作するフレキシブルなサーミスタセンサ(以下「新製品」)を開発しましたので、お知らせいたします。本製品のサンプル出荷は7月より開始しております。

Hainbuch

モジュラーシステムに新製品を追加:二爪ジョーモジュール。大きなセンタリング・バイスをコンパクトに置き換え可能

多品種少量生産の部品加工における柔軟性を最大限に高めるのも夢ではありません。それを実現するのがハインブッフ(Hainbuch)のモジュラーシステムです。このモジュラーシステムなら、丸物・角物、大小など、形状やサイズを問わずどんな種類のワークもクランプでき、様々なアダプテーションシステムも短時間で交換可能です。ドイツ・マーバッハを拠点とするクランプ装置メーカーのハインブッフは、モジュラーシステムの充実を絶えず図っていますので、お客様それぞれの状況に応じたクランプソリューションを必ず見つけていただけます。しかしながら、今まで1つ足りない製品がありました。角物部品クランプへの対応です。そこでハインブッフは、新たに二爪ジョーモジュールを発売します。

Seco Tools

グループテクノロジ: インダストリ 4.0 時代におけるオペレーションの卓越性

産業革命の前から現在に至るまで、製造業者が掲げてきた共通の目標があります。それは、ある一定のコストと一定の時間で、一定数の部品を生産することです。製造工程は手作業で一つひとつ作る方法から、大量生産ラインへと進化し、同一部品の生産量は増加し続けてきました。これは少品種大量生産(HVLM: High-Volume/Low product Mix)シナリオと呼ばれます。しかし最近では、プログラミング、工作機械制御、被削材取り扱いシステムなどにデジタル技術が導入され、インダストリ 4.0 と呼ばれる製造環境の変革が進んでいます。インダストリ 4.0 は、きわめて多様な少量の部品を優れたコスト効率で製造する、多品種少量生産(HMLV: High-Mix/Low-Volume)を実現します。

Seco Tools

信頼性の高い機械加工プロセスで、顧客満足度を向上

一般的に言って、メーカーが機械加工プロセスを計画・実行する場合、社内的な要素にばかり注意が向いてしまい、業務の最終的目的である顧客満足度の確保が見落とされる、ということがよくあります。

SOURIAU – SUNBANK Connection Technologies

エスターライン・コネクション・テクノロジーズ―スリオは、欧州化学物質庁の指令に従って、電解めっきプロセスの改善を図っています

欧州REACH規則は、人の健康と環境の保護を高い水準に保つことを目的として、化学物質の使用に対し厳格なルールを課すものです。スリオでは、シャンパーニュとマロルサン=ブリの生産工場における従業員を守るため、この新しい規制やお客様の求めに応じて電解めっきプロセスの転換を進めています。ここでは、シャンパーニュ工場で表面処理を担当する技術マネージャMARIE LE SCAONから、六価クロム使用の代替として考えている新ソリューションについてご説明します。

フォローする