www.engineering-japan.com
Rohde & Schwarz

ローデ・シュワルツが、R&S FSW シグナル・スペクトラム・アナライザの内部解析帯域幅を8.3 GHzへ拡張

新しいR&S FSW-B8001オプションにより、定評あるハイエンドR&S FSWシグナル・スペクトラム・アナライザが、業界トップレベルの8.3 GHzという内部解析帯域幅をサポートし、無類のダイナミックレンジと感度を実現しました。最新のレーダーやワイヤレス通信技術のほか、将来の衛星システムを開発する設計エンジニアの皆様は、その拡大した帯域幅をワン・ボックス・ソリューションとして利用でき、非常に大きなメリットとなるに違いありません。

ローデ・シュワルツが、R&S FSW シグナル・スペクトラム・アナライザの内部解析帯域幅を8.3 GHzへ拡張

ローデ・シュワルツから、R&S FSW-B8001オプションの発売をご案内します。このオプションは、ハイエンドなシグナル・スペクトラム・アナライザR&S FSWの内部解析帯域幅を8.3 GHzへと拡大します。同アナライザは、最大85 GHzの掃引速度に対応し、卓越したダイナミックレンジと感度、精度、EVM測定性能を発揮します。また、解析帯域幅の拡張オプションと専用の測定ソフトウェアを搭載すれば、様々な産業分野での超広帯域な信号解析に関し、現在はもとより今後の試験や測定仕様にも対応できます。R&S FSWの用途としては、航空/防衛用レーダー・システムのパルス測定、衛星通信ペイロードの試験、アンプのプリディストーション試験などが挙げられます。さらに、車載レーダーのチャープ分析や次世代のワイヤレス通信の研究開発にも活躍します。

さらに高い信号帯域へと向かうトレンドは、事実上すべての高周波数アプリケーションで続いています。たとえばレーダー技術では、帯域幅の拡大が物標の探知における距離分解能の向上につながります。レーダー・システムとレーダー波に対する妨害システムの両方を開発・検証する際には、広帯域な信号取得により、さまざまな周波数で運用する多彩なレーダー・システムを試験しながら、周波数ホップを詳細に解析できるようになります。

帯域幅の拡大は、ワイヤレス通信技術でも既定路線となっており、いずれの新世代通信技術もこれまで以上に高いデータ伝送速度を求めています。たとえばWi-Fi 向けのIEEE 802.11ay規格ではチャネル・ボンディングをサポートしており、その結果、信号は8 GHzを超える帯域幅となります。また、来るべきギガビット通信にも対応可能な広帯域の試験・計測機器が必要です。特にDバンドやGバンドなどサブTHz帯は、将来の6Gワイヤレス通信規格の周波数帯としての可能性が頻繁に話題にのぼっています。

そのほか将来の衛星システムもより高い周波数とより広い帯域幅で運用されるようになるでしょう。テラビット通信のサポートを想定して設計された高スループット通信衛星などでは、最大90 GHzの周波数域で3 GHzないし5 GHzの帯域幅へと拡大するものと見込まれています。

こうした超広帯域な信号解析に対する従来のアプローチでは、シグナル・スペクトル・アナライザを広帯域ダウンコンバータとして利用していました。ダウンコンバートした信号をオシロスコープに送り、デジタル化してアナライザに送り返すという方法です。これに対してR&S FSWによる新しいソリューションは、フル機能の信号解析能力に加えてスペクトル解析機能も備えた、ユーザーフレンドリなワン・ボックス・ソリューションながら、格段に高い信号品質と感度を実現します。

新しいR&S FSW-B8001内部解析帯域幅オプションは、今すぐローデ・シュワルツからご購入いただけます。詳しくはhttps://www.rohde-schwarz.com/product/fswをご覧ください。

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする