www.engineering-japan.com
Toshiba News

電池駆動機器の低消費電力化に貢献、低トリガーLED 電流を実現したフォトリレーの発売について

当社は、低トリガーLED 電流を実現した4ピンSO6パッケージのフォトリレー「TLP170AM」(阻止電圧60V)および「TLP170GM」(同350V)を製品化し、本日から出荷を開始します。

電池駆動機器の低消費電力化に貢献、低トリガーLED 電流を実現したフォトリレーの発売について

新製品はフォトダイオードアレイの感度を上げることにより、最大トリガーLED電流1mAを実現し、入力側電力損失を低減しています。そのため、電池で駆動するセキュリティー機器や各種センサーなどのON/OFF制御する出力として使用することで、機器の低消費電力化や長期動作化に貢献します。さらに、最小絶縁耐圧3750Vrmsを実現し、高い絶縁性能が必要な機器に使用できます。

応用機器

  • セキュリティーシステム
  • パッシブセンサー (PIR[注1]) など
  • 産業機器

プログラマブルロジックコントローラー、I/Oインターフェース、各種センサー制御など

  • ビルオートメーションシステム
  • 各種メカニカルリレーの置換

新製品の主な特長

  • 低トリガーLED電流 : IFT=1mA (max)
  • 小型パッケージ : 4ピンSO6
  • 高絶縁耐圧 : BVs=3750Vrms (min)

www.toshiba.co.jp

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする