www.engineering-japan.com
Sunon News

SUNONが50x50x15mm ブロワーを用いた個人用ウェアラブル空気清浄機によって、COVID19に対する最適なソリューションを提供致します。

新型コロナウィルスの流行が拡大し続けている中、未だに大規模なワクチン接種ができず、それでも感染拡大を抑えなければならない状況下において、社会的距離を維持することは、人々の生活に、とても重要な処置となっています。 

SUNONが50x50x15mm ブロワーを用いた個人用ウェアラブル空気清浄機によって、COVID19に対する最適なソリューションを提供致します。

しかし、実際の日常生活では人との接触を完全に無くすことはできない為、人と接触の際は使い捨てのマスクの着用が必須となっています。香港の海洋保護組織OceansAsiaの出した統計データでは、2020年に約15億個のマスクが海に消え、深刻な海洋汚染が懸念されています。その為、一度きりの使い捨てマスクではない、個人用ウェアラブル保護ツールのアイデアを考えることが、現在の企業の重要な任務となっています。

ウェアラブル空気清浄機(Wearable air purifier)はウィルスが蔓延する、この環境下で生み出されました。SUNONのミニファン及びブロワーは、コンパクトで軽く・低消費電力・大風量を特長とし、ウェアラブル空気清浄機や電子マスクに広く使用することができます。最近、エストニアの新興企業であるRespirayが、着用できる空気清浄機を開発しました。 この空気清浄機は265nm UV-C LED殺菌エアーが使用されており、265nmの紫外線はCovid-19のSARS-CoV-2ウィルスの殺菌に効果的だと証明されています。 

この空気清浄機は首に着用することができ、着用者の顔周辺に清浄な空間を作ります。顔を覆う必要がないので、呼吸が苦しくなることもありません。この空気清浄機にはSUNON製ブロワー:MF50151V1-1B00U-A99 が2つ使っており、優れた空気の濾過能力と、低消費電力によるバッテリーの長時間の持続を兼ね備えています。バッテリーは、55 [ l / min ] の流量の気流を、最長8時間の継続使用が可能です。この空気清浄機はCovid-19ウィルスが蔓延している期間に、人と接触を避けられない場合の個人保護具として、新しい選択肢となっています。

Respiray Ltd. は空気洗浄ソリューションを提供している優れた新興企業の一つで、SUNONと提携することで、唯一無二のウェアラブルUV-C LED空気洗浄機を開発しました。 RespirayのCTO Aare Taveterは「世界中の100種類以上のファンでテストをした結果、SUNONの50x50x15mmブロワーが、テストを行った製品の中で、最も信頼性があり、静かで、リーズナブルなソリューションでした。」と述べました。

現在、Respiray社では、引き続きUV-Cモジュールの特許により、次世代の製品開発に着手していますが、そこでもSUNONのファンがシステム内の空気循環の設計に採用されています。 Respiray Ltd.のCOO(最高執行責任者) Robert Arusからは、「同じ価値観を持った企業と長期的なパートナーになれたことをうれしく思っています。信頼性・信用・品質は、当社のコア理念です。パートナーとして共同で取り組んできた経験から、SUNONもこのような思想を持っていると知り、この提携関係がより良い未来をもたらすことを期待しています。」とのコメントを頂きました。

SUNONは長年、モータとファンのコア技術の発展に取り組み、小型のファンモーターの出荷台数のランキングでは世界三位にランクされています。モータ、ファン、放熱モジュール、換気扇及び空気清浄機の分野において、SUNONは常に新しいものを生み出し、発展途上で、将来の動向を見据えた産業に対して、完全な製品とサービスを提供することで、世界に新しい発展をもたらします。

www.sunon.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする