www.engineering-japan.com
Santec News

応答速度を大幅に向上させたLCOS型空間光変調器(型式:SLM-210)を開発

santec株式会社(本社 愛知県小牧市)は、当社第2世代の液晶LCOS(Liquid Crystal on Silicon)技術を用いた空間光変調器(製品型式:SLM-200)の高機能製品として、LCOSの応答速度を大幅に向上させた空間光変調器(製品型式:SLM-210)を開発しました。同製品は当社従来比20倍以上の高速化となる、応答速度10ms以下を実現しております。

応答速度を大幅に向上させたLCOS型空間光変調器(型式:SLM-210)を開発

LCOSの応答速度向上に伴い当社特有の優れた高階調度と相まって光波面補正、レーザー加工用光ビーム整形、バイオセンシング、量子コンピューティングなどの光応用分野での性能向上に貢献します。

尚、本製品は、2022年1月22日から米国・サンフランシスコで開催されるBiOS/PhotonicsWest 2022、当社ブース番号#8327(BiOS)/#3327(PhotonicsWest)に展示予定です。

  • 製品名: LCOS型空間光変調器
  • 製品型式: SLM-210

- 受注開始日 :2022年5月予定
- 販売価格 :140万円(SLM-210)
(発表日時点での税抜き参考価格です)

www.santec.com

  さらに詳しく…

LinkedIn
Pinterest

フォローする